記事

フランチャイズとは?

フランチャイズという言葉は、よく耳にする言葉です。
きっとみなさんも聞いたことがあると思います。
フランチャイズとは、どういうものなのでしょうか。
まず、そこから話を始めましょう。
フランチャイズとは、事業展開の一つの方式です。
ビジネス、商売の一形態といえるでしょう。
フランチャイズ事業者本部が事業を展開するために加盟店と契約をして、一定の地域での独占販売権を与えて事業を拡大していく方式です。
アメリカで発展した商売の形式ですね。
また、フランチャイズは二者から成りなっています。
ビジネスモデルや資材等を提供する側と、受ける側です。
前者を事業者本部(フランチャイザー)と呼びます。
ビジネスの元締めとなる会社ですね。

そして後者を加盟店(フランチャイジー)と呼びます。双方が契約を取り交わした共同で事業を行う関係のことでもあります。
以上は、もっとも基本的なことです。

フランチャイズ契約を交わした事業者本部と加盟店は、双方に権利と義務が発生します。
事業者は加盟店にサポートをする義務があり、加盟店は事業者から受けるサポートの見返りとして、加盟金やロイヤルティを支払う義務があります。
フランチャイズビジネスの業種はさまざまで、よく知られたところでは、コンビニエンスストアなどの小売業、ファーストフード、ラーメン店などの外食産業、あるいは不動産業などがあります。
よく考えてみれば、われわれの周囲にたくさんあるわけです。
社団法人日本フランチャイズチェーン協会という団体があります。
どういった団体か、ご存知でしょうか。
フランチャイズビジネスの健全な発展を目的としたところです。

フランチャイズの加盟店は、直営店とは異なります。 事業者本部と加盟店は、同一のイメージのもとに事業を展開しますが、あくまでも別の事業者す。 加盟店は直営店とは違い、本部からのトップダウンはありません。

事業者側にとってのメリットは、少ない資金と労力で、事業を拡大することができます。 一般的な例は、コンビニエンスストアです。
コンビニエンスストアは、フランチャイズ方式によって、全国に店舗を増やしていきました。事業経験のない人にとってみれは、開業までのプロセスとその後の経営も指導してもらえることで、起業が容易です。 加盟店になろうとする人にとっては未知のジャンルであっても、事業者本部からのノウハウの指導があります。経営を体形的にマスターできるしくみなので、自力での開業よりも効率的です。

このカテゴリの記事一覧へ戻る ⇒ フランチャイズとは?