記事

フランチャイズチェーン店の開業

フランチャイズチェーン店を開業するまでにおいては、ひとつひとつのプロセスをしっかり時間をかけて、納得しながら進めることが重要です。
パッケージになっているからといって、単にそのまま受け取って使えばいい、というものではありません。
まず、フランチャイズについて学ぶことからはじめましょう。
インターネット上には、さまざまな検索サイトや、関連情報サイトがあります。
フランチャイズの展示会なども、あちこちでよく開かれています。
注意してみていると、そういった情報がかなりたくさんあるものです。
フランチャイザーが主催する説明会に参加して、実際の様子を探ってみるのもいいでしょう。
どの業種や業界が今後成長し、事業として成功できる確率が高そうか、将来性をよく検討しましょう。

まず、フランチャイズ店を開業する業種を選択しましょう。
自分自信の適正を、正しく把握していますか? 業種を選ぶのに大切なのは、自分の性格と適正です。 店舗を置く場所は確保できますか? 立地条件はどうですか? 用意できる開業資金はいくらですか? 経営の経験もしくは知識はあるでしょうか?
優れたフランチャイズチェーンの加盟店になっても、最後は自分の努力と力量にかかってきます。
どこかに他人まかせの意識があるとうまくいきません。
フランチャイズの業種を決定したら、次に本部を選びます。
時流に乗った業種には、複数の企業が参入していることが一般的です。
フランチャイズ本部を選ぶにあたっては、チェックポイントがあります。
失敗を防ぐためには重要です。
フランチャイズ本部の評価は、客観的かつ総合的に判断することが重要です。 自分が持っているブランドイメージだけで決めるのはよくありません。 ビジネスとして魅力があるか、加盟店の収益はどれくらいあるか、企業として信頼性があるかなどです。
チェック項目としては、

  • 今後の成長が見込める
  • 既存店の実際の売上が良い
  • 魅力を感じる会社である
  • 世の中で受け入れられている業種である
  • 本部社員のマナーが良く信頼できる
  • 独自性があり、競合他社との差別化ができている
  • 革新性がある

などが挙げられます。
よさそうな候補が決まったら、本部に連絡をとり、面接や加盟審査を受けることになります。いよいよ具体的な話になっていきます。 以降のプロセスとしては、加盟店訪問、物件取得、立地調査、事業計画書作成などの手順になり、最終的に契約書を交わします。 契約が済んだら、研修を受け、店舗の内装工事とオープン準備を進め、晴れてオープンとなるわけです。

このカテゴリの記事一覧へ戻る ⇒ ビジネスの始め方