記事

フランチャイズのメリット・デメリット

フランチャイズ加盟のメリットとはなんでしょうか。それは、個人でいちから開業するのではなく、ビジネス・商売に必要なものがひととおり用意されていることです。たとえ資金や経験が少なくても、事業の開始が容易です。
たとえ事業経験者でなくても、本部から経営上のノウハウの指導を受けることができ、未知の分野でも開業可です。 金融機関から融資を受けるときも、本部のブランド力で信用が高まり有利になることがあります。 事務処理を本部に委任できる場合は、日々の細かい仕事から解放され、経営に専念することができます。

また、仕入れの心配も、本部の力を借りることができれば、一定の品質の商品や材料を、安定継続して仕入れることができます。 もちろん、フランチャイズ加盟のデメリットもあります。本部と同一のイメージで事業をおこなうため、その加盟店独自の工夫がしにくい(場合によっては禁止されちる)ケースもあります。
また、ロイヤルティの支払い義務がありますので、売上のすべて自社のものにはできないことです。 本部の対応が良くない場合、加盟店との間にトラブルを起こすこともあります。 加盟店の本部への依存度が高すぎる場合もトラブルに発展することがあります。

フランチャイズ加盟店は直営店とは異なり、本部とは別の事業者として独立した経営体です。
一国一城の主、あくまでも別の事業者と言ったらいいでしょうか。
フランチャイズ加盟店となっても、あくまでも一個の自営業者です。 主体性をもって経営にあたることが必要です。
本部がうまいことやってくれるだろう、という意識では失敗します。
フランチャイズ加盟は事業の成功を保障するものではありません。
事業者本部も、経営に適した人を、事前の十分な審査のうえで加盟させる責任があります。
フランチャイズ加盟の成功の条件とは、本部がしっかりした経営体制であることです。
自分の努力しだい、という面もあるにせよ、基本的には信頼するに足る組織であることが重要です。
経営体制が未熟なフランチャイズチェーンに加盟した結果、十分な指導が受けられなかったというこおであれば、経営破綻のおそれもあります。 また、過剰出店をしているチェーンに加盟すると、同じ地域内で共食いをまねくケースがあるので注意が必要です。

このカテゴリの記事一覧へ戻る ⇒ 関連情報