記事

フランチャイズ加盟金

フランチャイズチェーンに加盟するにあたっては、加盟金を支払う必要があります。
ビジネスには、資本が必要ですからね。
加盟金の意味ですが、もちろん加盟店(フランチャイジー)が支払うお金です。
事業内容によって金額はさまざまです。
業務開始にあたり事業本部(フランチャイザー)から必要なものをいろいろと受けるのでその経費にあたるわけです。
(経理上、本部へ払うお金と、それ以外の取引先への支払いは、分けて把握できるようにしておいたほうがいいでしょう)
フランチャイズ・パッケージへの対価として、支払わなければならない金銭です。

支払い時期によって、二つに分けられます。契約締結時に支払う契約金、加盟金、加盟料などと呼ばれるお金と、もうひとつは契約期間中に継続的に支払うロイヤルティと呼ばれるものです。視点を変えてフランチャイズ料をその内容で分けると、商標などの使用料金とノウハウを受け取る料金に分かれます。
会社によっては、さらに立地選定料、開店準備金、開店指導料などの名目で、別途、金銭徴収をおこなう事業本部もあるようです。 加盟金は事業者によってバラつきがあり、明確な基準はないといえます。
1970年以前に成立した日本式フランチャイズの加盟金は、一般にかなり低めです。
日本には「のれん分け」という習慣がありましたが、その影響かもしれません。
しかし2000年前後に開始したフランチャイズの加盟金は、高めです。

加盟金の額が妥当なものかどうかは、なかなか判断の難しいところです。
加盟金の返還は、いずれのフランチャイズチェーンも行っていないことが一般的なようです。 しかし、加盟金の返還を要求する紛争はしばしばおきています。裁判に発展しているケースもよくあります。 加盟店が、本部にいったい何を要求していたかによってもすれ違いが生じることがあります。 高額に思える加盟金を支払ったとしても、本部から十分に恩恵を受けたと納得できることもあるでしょうし、ことができ、低額だと思っても商売が軌道に乗らなければ、元も子もありません。

このカテゴリの記事一覧へ戻る ⇒ フランチャイズの注意点